【嵐の反乱】(中年男子の屈折改題)

たとえ明日がこの世の終わりだとしても、私は今日リンゴの木を植えます。

<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

<< 一株主として想う。 | TOP | あまりにお嬢様な小保方晴子さん。 >>

2014.03.30 Sunday

小保方晴子さんは、今。

JUGEMテーマ:考えを記してこ♪

 
 
こんにちは、中年男子です。
 
 
今更なんですが、STAP細胞論文の問題はどこへ行ってしまったのでしょうか?

 
世紀の発見!
ノーベル賞級の発見!

と華々しく報道された後、数々の疑問点が指摘されその真偽が怪しくなるや、今度は一斉に叩かれたこの論文。
あまりの騒ぎに代表研究者が所属する理科学研究所が中間発表を行う事態となったもののその後の動静がわかりません。

 
これほどの疑問点が指摘された以上、自主的に撤回するのが潔いのではないかと思います
 

非常に単純化して考えると、科学の証明は「必要条件」と「十分条件」が揃って初めて科学的な価値が発生すると考えます。

この件で言えば、「必要条件」とは論文の正当性であり、「十分条件」とは他の科学者による再現となるでしょう。
そして、最初の疑問点は「十分条件」が満たされないというものでした。
その次に挙げられた疑問点は、「必要条件」たる論文の正当性に対するものでした。
中間発表によれば、論文のコピペ問題について小保方晴子さんは認めています。
しかし、その肯定した内容が杜撰でした。
「確かにコピペしたが、その引用元を憶えていない」というものでした。
コピペされた部分は、いわゆる定義に関する内容で誰が書いても同じ内容になるとの釈明があり、論文の正当性に影響しないとの見解が披露されましたが、このような初歩的誤り自体で論文の体裁の評価はガタ落ちというものです。
科学者たるもの、自分の研究成果を論文にまとめ、発表して、評価を得ること(すなわち「十分条件」の審査に耐えること)が本分でしょう。
その一番肝心の論文に、他の研究論文の無断引用があったとなれば初歩的ではありながら致命的な欠陥と言われても仕方ない(コピペというから問題が軽く受け止められますが、正解に言えば無断引用です)。


さらに掲載された写真が使い回しであったり、切り貼り細工となれば、研究者としての品位や徳性を疑わざるを得ません。
 
残念ながらこの時点で”失格”です。
故に、潔く撤回すべきと考えるのです。

 
 
しかし、ことはそんなに単純ではなかった。
当該論文は12名による共同発表であった。
この世界では、この12名全員が撤回の意思表示をしなければならないそうです。

ここにスキャンダラスな噂話が持ち上がった。
功を焦る上司と小保方晴子さんの不透明な関係がやっかみ半分に週刊誌の見出しを踊った
また、発表にあたって過剰な演出があったかのような報道もなされた。

そして、このような杜撰な論文を提出に当たっての理科学研究所の体制も問われることになった。
 
問題は一論文の正当性ということから違った意味をおび、取り扱いが複雑になってしまったのです。

 
 
しかし、共同研究者からの申しで行われた実験用マウスの食い違いは決定的な問題点です
彼はこの問題を純粋に論文の正当性に絞り込もうという良心によって行ったものと思います。
小保方晴子さんも彼に論文の撤回をほのめかすメールを寄せているとのこと。

 
 
まず、論文の正当性はほぼ崩れていると見るべきです。
とは言え、そのことが即STAP細胞の存在の否定にはなりません。
但し、彼女の論文で発表された内容では「科学的な証明」になっていないということです
仮説か、予想の域を出ていないということになります(僅かに、再現性が実証されれば、彼女の名誉は回復するでしょう)。

 
 
一科学者の研究者生命が絶たれるか否かの問題も含んでいます。
残された問題は、この杜撰な論文を彼女はどこまで自覚していたかに関わります。


これは中年男子の個人的感想ですが、彼女に悪意はなかったと思いたいです。
彼女の無邪気とも言える笑顔に、科学を愚弄する意図なかったと思いたいです。
とは言え、結果としてそうなってしまったとすれば、誰の責任か、という問いも残ります

 
何ともほろ苦い顛末の行方を知りたいような、知りたくないような・・・。

 
最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。
励みになります。クリックを願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


以下の書籍は、このようなほろ苦い科学者の敗戦記を味わ深く記したものです。
 
 
 

0

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://makotok48.jugem.jp/trackback/589

    トラックバック

    ▲top